採用情報トップ志村の特徴
志村とはこんな会社です
株式会社志村の高橋です。これから就職をする皆様、急成長する(株)志村とはどんな会社なのか?私がじっくり説明をさせていただきます。私たちの考え方に共感していただける方との出会いを楽しみにしています!
【実績】全国から見学者が殺到する(株)志村
【人材・教育】人間力に全てをかける
【戦略】明確な事業戦略に基づく確固たる収益性
【ネットワーク】地域の方に喜んでいただくために・・・
【実績】全国から見学者が殺到する(株)志村

(株)志村には過去3年間で全国から80社が見学に来ました。
北は北海道から南は沖縄まで。(中国から見学に来た人もいます!)
元売(メーカー)の直営子会社も数多く見学に来ております。

見学する方の目的は志村の「車検販売」ノウハウと
「人材開発」ノウハウを知ること。

それほどまでに当社の「車検販売」「人材開発」は全国の
ガソリンスタンド業界で話題になっています。

現在、志村の年間車検販売台数は3200台。
ガソリンスタンド6ヶ所、整備工場1ヶ所でこの実績です。

一般的に車検の超優良企業と言われる会社でも当社規模であれば、
2000台程度が限界だと言われています。

当社が車検販売をスタートしたのは9年前。
まさに“ゼロ”からのスタートでした。
私たちは9年間かけて“現場”で徹底的にノウハウを構築してきました。

私たちは「志村の人間力」を通して業界の常識を覆すことに
挑戦しています!

9年間で構築したノウハウは他社の追随を許さないレベルに
達しています。

車検販売台数
【人材・教育】人間力に全てをかける

見学に来た方から「志村はマンパワーが素晴らしい」と評価されます。
「人間力」を一番大切にしている私たちにとっては一番嬉しい言葉です。

SS業界は市場が縮小し、全体的に低収益にあえいでいます。
それは旧態依然とした「ガソリン販売」に頼っているからなのです。
私たちは早々に「ガソリン収益に頼らない収益構造」を考えていました。
   
しかし道のりは簡単ではありません。

ガソリンならば、待っていればお客様が勝手に
購入してくれる商品です。
車検や洗車などは待ちの商売では成り立たないものです。

高額な商品を買っていただくためには、まず人としてお客様に信用して
いただけるだけの人材になる必要があります。

そこで徹底的に「人間力」を磨くことにしました。
  
その結果、新しい事業構造の構築ができ、社員一人一人が堂々と
『SSは儲かる!』と言えるレベルまでになりました。

人は誰もが能力を持っているのです。

その能力が引き出されるためには「明確な目的意識」を会社全体が
共有しているという“環境”が必要になります。

他社との違いをあえて言うならば、その“環境”が用意されている
ということです。

他社で低迷している社員も志村で活躍している社員ももともとは
同じなのです。

入社後にどう変わっていくのか?

これこそが仕事をする上で大切なことなのです。

お客様に評価される人になることが第一歩

(株)志村では“自分”そのものが商品であると考えています。
お客様に自分を買っていただく。
そのためにはどうすればいいのでしょう?

皆さんはだらしない人から何かを買いたいと思いますか?
見た目は大事です。
  
志村の社員は身だしなみ、言葉づかい、知識・・・何をとっても
一流でありたいと思っています。

社会人として一目置かれる存在になる。

それがお客様から評価をされる人になる第一歩なのです。

明確な目標の共有化

(株)志村ではこまめに研修が行われます。
特に力を入れているのが「ナンバー3研修」
これは若手社員を中心にした研修で、毎月1回私自身が
講師となって若手の研修会を実施しています。

この研修を通じて若手社員は(株)志村の方向性を理解し
さらに実力をつけていくことができるのです。

アルバイトが社員になりたいと思う会社

これまで新卒採用を行っていなかった志村の社員は
元々アルバイトとして働いていたケースが数多くあります。
活き活きと働く社員を見ていたからこそ
「志村で社員になりたい!」という気持ちが芽生えてくるのです。

 
【戦略】明確な事業戦略に基づく確固たる収益性

低収益、廃業・・・ガソリンスタンドにとっては冬の時代です。
 
しかし志村はそんな環境下で確実に成長をしています。
何故このような経営が可能になったのでしょう。

 
“志村”オリジナルの事業戦略

志村は10年ほど前から「スタンドはガソリン収益では生きていけなくなる」
ということを感じ、収益構造の改革を行いました。

旧来のスタンドではガソリン+キャンペーン販売という形態
で事業を行って いました。

皆さんも以前ガソリンスタンドで
    『水抜剤はどうですか?』
    『清浄剤はどうですか?』
と勧められた経験がありませんか?

これがキャンペーン販売といわれる手法です。
 
私はこの販売方法が大変嫌いでした。
なぜならキャンペーンは「お客様へ売り込む」ことが仕事となるため
社員もお客様も疲れてしまいます。

『そんなことではいつか見放されてしまう』

そんな危機感を抱いた私たちは考えました。

『お客様に本当に喜んでいただき、そして私たちも幸せになれる
商品は何か?』

必死に模索した結果として現在の「車検販売」を中心とした
事業内容を構築するに至ったのです。

志村の事業戦略をまとめると以下のようになります。

事業戦略<地域ドミナント展開戦略>
“地域密着”で志木・朝霞・新座・和光の4市での圧倒的なシェアを実現

マーケットが縮小する時代は他社と差別化した明確なる方向性を
持って進めば逆に“圧倒的”なシェアを占めることができるのです。

そもそも志木・朝霞・新座・和光の4市は需要が厚く、
競争が激しいことで有名です。

そんな中、現在志村の4市におけるシェアはガソリン40%、
車検で25%となっています。

ガソリン収益に頼らない事業構造が結果としてガソリンの
シェアを高めることになりました。特に車検はカーディーラーや
カー用品店など並み居る競合を含めてもここまでのシェアを
確保するに至りました。

数年前は数多くのガソリンスタンドが周辺にありましたが、
今見渡してみるとこの4市におけるスタンドは(株)志村以外に
はメーカー直営店舗くらいしか見当たらなくなりました。

メーカー直営店は資本力があるものの、私たちには
“地域とのつながり”という真似のできない支えがあります。

例えば当社には「宗岡」というフルサービスのお店があります。
メーカー直営店はセルフSSを作っているため“法人”のお客様は
給油やメンテナンスをする場所がありません。
その結果として周辺の法人のお客様から「宗岡SSで給油したい」
とご要望をいただき、結果として宗岡SSのおよそ半数が
法人のお客様になりました。
販売数量もフルサービスとしては意外なほど伸びています。
  
このように徹底して「地域に根ざした事業」を行うことで、
志村の事業は成長を続けてきました。

これからもお客様に支持される運営を行うことで
4市のお客様にとって「なくてはならない存在」になることを
目指してまいります。

4市におけるガソリンシェア

4市における車検販売シェア

インターネットで新しい事業展開に挑戦中!

さらに今、志村では新たなる取り組みとしてインターネット事業を
強化しております。
私たちが目指すインターネットビジネスとは「店舗」を補完するための
ものです。これだけ普及したネットをひとつの“道具”として使いこなす
ことが今後の事業に大きな影響を与えると考えています。

昨年スタートした車検ネット販売は年間台数500台に迫り、
当社のネット戦略が実を結びつつあることを証明しています。
SS業界では最先端をいくトップクラスの実績です。

現状に留まらず更に進化を目指していくこと。
これが志村流の事業戦略です。

運営店舗数は6店舗と少ないですが、ぎっしり中身の詰まった
会社なんです!

【ネットワーク】地域の方に喜んでいただくために・・・
志村には3つのグループ会社があります
(株)志村
(株)志村
(株)志村ホンダ販売
(株)志木スポーツプラザ

ゴルフ練習場で、ガソリンスタンドで、車を買うときに・・・
特に志木市においては「志村」の名前は至るところで目にすることが
できます。

ここ数年、周辺のガソリンスタンドが閉鎖するに伴い、
私たちはこれまで各会社さんが大切にお付き合いをされていた
お客様を引き継がせていただきました。
 
私たちは閉鎖をされたお店とお客様との“絆”も引き継がせて
いただいたと思っています。とても大きな責任です。

「地域があっての自分たち」・・・
これが私たちの基盤にある考え方です。

関連会社の志村ホンダ販売でも毎週1回、地域の清掃活動を
行っています。
これも同じ考えに基づいています。

ガソリンの安定供給はもちろん、地域企業の受け入れ、
そして何よりも地域の方が心の底から喜んで利用していただける
サービスの提供をすることが重要だと考えています。

地域住民の方がより快適に暮らせるように・・・
志村ネットワーク各社は常にそんな思いで運営をしております!

 

募集要項はこちらから

採用トップへ戻る